サービス名 月額動画
フロア名 VRch
カテゴリ名 VRch (月額動画)
タイトル
【VR】唾飲みVR-最終章・究極唾-
収録時間:162分
【VR】唾飲みVR-最終章・究極唾-
商品詳細
配信開始日:2020/07/14
商品発売日:
収録時間:162分
シリーズ名:唾飲みVR
メーカー名:SODクリエイト
出演者:相澤ゆりな
監督名:秋山メメ
レーベル名:SODVR
ジャンル名:ハイクオリティVR,キス・接吻,美少女,その他フェチ,女子校生,学生服
レビュー数:16
レビュー平均点:3.50
サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
サンプル画像-11
サンプル画像-12
サンプル画像-13
サンプル画像-14
サンプル画像-15
サンプル画像-16
サンプル画像-17
サンプル画像-18
ユーザーレビュー


★☆☆☆☆ 案の定


唾垂らす時顔が画面から見切れる
口半分まで画面から消える人もいた
何故直さないのか意味が分からない


★★☆☆☆ 男の手がいらない


内容は良かったのですが、いちいち男に手が出てくるのはいらなかったです。


★★★☆☆ 期待値が高かっただけに…


1,2,3と買っていたので今回も確認のために買いましたw。
画質が向上したのはよかった。
個人的には唾をのむというより唾をかけられるシチュエーション、
できれば複数人に。を期待していたのでそれがなかったのが残念でした。
唾飲みというタイトルなので仕方ないですが。
あと感じたのが痴女というか言葉責めが得意な女優さんがいなかった
のが物足りなかった原因かなと。
好みは人それぞれですから唾好きはとりあえず買っとけと。以上


★★★★★ 唾最高!!


素晴らしいの一言。
女子高生の唾とおしっこが大好きなので、毎回超ツボってます!
残念ながら最終章となってました。
待望のシリーズが終わってしまうのでしょうか?
悲しいの一言。
シェンロンが一つ願い事をかなえてあげるって言ってきたら、迷いなくこのシリーズを復活して下さいと言う。
ブルマやスク水、部活、制服などで超M字開脚で唾垂らしして欲しかった・・・。


★★★★★ うん、最高です


シリーズ2.3でかなりがっかりさせられただけに、このシリーズのファンからの評価はかなり厳しくなっているように感じるが、今作は絶対評価で、かなり良いです。次回作があったら、絶対買います。値上がりしても買います。
・女優の質が上がった。最高。まだ2人くらいブスがいて少しも見ずに飛ばした。ブスなら少しも見ない。ブス厳禁。そのギャラを他に回してほしい。
・ローション唾を封印したのは正解。あれはがん萎えするから、今後もそのまま封印でお願いします。
・画面見切れ、唾たらしの位置ずれがまだあった。あれはありえない。さすがにリハしてるだろうけど、それでもずれる場合があるなら、撮影中にリアルタイムで確認しながら、位置の調整はできないものか…。これには最大の注意をしてほしい。
・最後から2番目のやつ、あれは好きな人が多いかも。最高だった。
・他の作品にも言えることだが、キスの顔の位置が近すぎる傾向にある。
・与える系は、求めてない人が多いかも。道を外れそうな気配があったので注意換気。もし与える系をやるならローション唾で正解。
・耳元でぐちゅぐちゅ音を鳴らす時に、画面から見切れない位置でやっていたのは、個人的には最高だった。
・さらさら唾体質の女優には、ビタミンCやクエン酸などの酸っぱい系ドリンクを飲ませると、粘度が上がってフェチ度が増す。ご参考に。
・加藤ももかちゃん可愛いすぎ…
・もう少し舌を見せるシーンが多くても良い。唾を絡めた舌を目の前で見せてくれたら失神する。
・唾を口に垂らす時に、もっと顔を近付けるバージョンも欲しい。画面見切れ対策にもなる。
以上まとめると、最高でした。修正できるところを修正したら、伝説のシリーズになれると思います。


★☆☆☆☆ 顔が見えない


他の方も書いていますが、スタッフは顔が見えないことに気づかないのでしょうか。
最終章ということで期待しましたが…残念です。
できれば改善された次回作があるといいなぁ。


★★★☆☆ 顔が切れるのは、、


顔が画面から外れるのはVRとしては致命的では?
他の作品の唾飲ませのシーンでは顔切れずに違和感なく飲めるものもあるので、技術的に不可能なわけではないと思う。
あと、ローションは冷めるので使わない方向でこれからも製作していただきたい。


★★★☆☆ 女優さんのお顔が画面外に・・・


唾液は首より下ではなく、真上に落としてほしいです。
ですが、女優さんの顔が映らなくなると、それも萎えます。
この2点をどうにかしてほしいですね。
あと、カメラに直接垂らすのも検討ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事